子供が塾へ通ったり、家庭教師をつけたり、通信教育講座を受講したりするのではなく、自分一人で勉強して、高い学習効果を得ることができるのであれば、それに越したことはありません。そのような場合には、教育サービスを利用するために必要となる負担から解放され、自由度の高い環境の中で学習を進めることが可能となります。

ただし、独学の場合には志望校の選定、スケジュールの作成・実践、教材選びなどに際して、本人の裁量による部分が大きいことから、経験や知識が不足していると、勉強に対するモチベーションや学習効果に悪影響の及ぶリスクが高いので、気をつける必要があります。そのような問題を解決するには、先述のような教育サービスを利用することをおすすめします。

そういったシーンでは、東大生の家庭教師をつけるという選択肢があります。レベルの高い大学に籍を置いたり、同校を卒業したりしている家庭教師は、それだけ高い受験のノウハウ、テクニックを有しています。東大生の家庭教師をつければ、マンツーマン指導という環境の中で、それらの勉強方法や受験技術をじっくりと身につけることができるので、これから受験を控えているという人は参考にしてみて下さい。