これから、受験に向けての準備を始めようと考えている人は、その方法について比較・検討することが大切です。受験勉強をする方法には、独学で対応するほかに塾へ通ったり、家庭教師をつけたり、通信添削講座を受講したりするなど、さまざまな種類の選択肢があります。それぞれの違いを理解した上で、自分の適性やニーズ、希望条件に合ったものを選択することが大事になります。

それらの中で、独学は時間的・場所的に最も自由度の高い方法と言うことができます。一人で勉強する場合には、授業が始まる時間に合わせて自分の都合をやりくりしたり、指導を受けるために屋外に設置された特定の場所へ出向いたりする必要がありません。そういった事情から、エネルギーや時間、コストの無駄を省いて、マイペースに学習を進めることが可能となります。

ただし、独学の場合には、志望校の決定や学習プランの作成・実践、使用する教材の選定などをするに際して、自分自身の裁量に頼るケースが多くなります。そうした場面では、経験や知識が不足していると、判断を誤るリスクが高いので、注意する必要があります。そういう問題を解決するためには、先述のような教育サービスの利用がおすすめです。