独学で受験準備を進める場合には、勉強をする時間や場所を選択する上で、最も自由度が高いというメリットがあります。ただ、その一方で経験や知識の不足から、志望校や学習プラン、使用教材を選択したり、勉強する習慣を作ったりすることが難しくなるリスクが存在するので、気をつける必要があります。

そういった問題を解決するには、塾や家庭教師、通信添削といった教育サービスを利用すると良いでしょう。それらのサービスの中には、指導対象となる生徒の人数に違いがあります。そのような相違点を理解した上で、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

その中で、個別指導塾や家庭教師、通信添削では先生と生徒が、一対一という環境の中で指導が行なわれます。そのように、マンツーマン指導という環境に於いては、一緒に指導を受ける生徒が存在することにより、自身の適性やニーズ、希望条件が指導に反映されなくなるという心配をしなくても済みます。例えば、苦手な分野があれば、そのジャンルの勉強に長い時間をかけたり、弱点の補強にターゲットを絞った教材を使用したりすることが容易になります。また、個別指導の場合、指導を受ける日時の変更やキャンセルをしやすいという利点もあります。