マンツーマンの指導スタイルが採用されている教育サービスとして、個別指導塾や家庭教師、通信添削といったものを挙げることができます。それらのサービスを利用する際には、指導を受ける場所や情報交換に利用する手段などの違いを頭に入れて、自分にとってふさわしいものを選ぶことが大事です。

例えば、個別指導塾の場合、屋外に設置された特定の場所へ出向いて、指導を受けることとなります。そういった事情から、プライベートな生活との区切りがつけやすいというメリットを得ることが可能です。また、集団指導塾のように、一緒に授業を受けるという訳ではないものの、授業の前後には、個別指導塾に通ってきている他の生徒と顔を合わせる機会があります。そのように、同じ目標を目指して頑張っているライバルや仲間が周りにいることで、競争意識や助け合いの気持ちによる学習効果の向上が期待されます。

ただし、塾へ通うには、自宅と現地を往復するためのエネルギーや時間、コストを負担しなくてはいけないという問題があるので、注意する必要があります。そういった問題を解消するためには、家庭教師や通信添削といったサービスを利用して、自宅で学習するという方法が存在します。