塾を利用する場合、屋外にある特定の場所へ出向くための手間暇や費用を負担しなくてはいけません。そのような負担を無くすためには、家庭教師をつけたり、通信添削講座を受講したりするという方法があります。それらのサービスを利用すると、自宅で学習することとなるため、指導を受けるために外出する必要はありません。また、自宅学習の場合には、自身にとって馴染みの深い場所で、リラックスして学習に取り組むことができるというメリットがあります。

ただし、その反面、自分の家や部屋には、勉強をするのに特化した環境が整っていないケースが多いという問題があります。そういった事情から、私生活との区切りをつけるのが難しく、学習に対するモチベーションが下がったり、他の誘惑に負けてしまい、勉強が手に付かなかったりするというリスクが高いので、注意する必要があります。それらのリスクを減らすためには、屋外に設置され、学習指導にターゲットを絞った環境が整えられている塾へ通うという選択肢が存在します。

また、家庭教師と通信添削では、情報を交換するための手段が異なっています。その内、前者では直接対面、後者では通信手段による情報交換がなされることとなります。