受験に向けて、その準備を進めたり、通い先の学校で行なわれる授業の理解度を深めるために勉強したりしている生徒が見受けられます。そういった場面で、生徒が思う存分勉強に打ち込み、本番の入学試験を受けるためには、本人の努力はもちろんのこと、親や学校教師、塾講師、家庭教師、通信教育スタッフ、友人、地域住民など、周りの人たちのサポートや協力が大切な役割を果たします。

例えば、保護者は授業料や入学金、教材購入費などの教育費を負担したり、通塾や模擬試験の受験に際して車で送り迎えをしたり、起床の手伝いや弁当・夜食づくりなどのサポートをしてくれる存在です。また、同じ目標を目指して頑張っている友人とは、テストの点を競ったり、わからないところを教え合ったりすることで、お互いの学力を向上させることができます。

とは言え、いくら世話になったり、協力し合ったりしているからと言っても、実際に勉強したり、試験を受けたりするのを周囲の人たちに代わってもらうという訳にはいきません。そういう意味で、受験勉強は孤独な戦いということになります。そのように、自分一人の戦いをマイペースで乗り切るには、独学や個別指導という学習環境が適しています。