生徒が勉強をして、入学試験を受ける上では、保護者や学習指導を受けるスタッフ、ライバル、仲間、地域住民など、周囲の人たちの存在が大切な意味合いを持ってきます。とは言うものの、実際に学習へ取り組み、本番の試験を受けるのは生徒本人であり、他の人に代わってもらうことはできません。そういう意味で、孤独な戦いと言える受験戦争を乗り切り、志望校への合格という栄冠を勝ち取るためには、本人の学習意欲が大切な役割を果たします。

そして、本人が自覚を持ったり、勉強に対するモチベーションを高めたりするためには、それなりの学習環境を整えることが大切です。例えば、子どもが自分一人で勉強したり、受験したりすることの意味を理解し、充分なやる気を持って学習に取り組むことができれば、それに越したことはありません。

ただし、それらのことが困難な場合には、周りの人たちのサポートや協力が大事になります。そういった場面では、東大生に家庭教師をしてもらうことをおすすめします。東京大学の在学生、卒業生が先生であれば、生徒の目的意識もそれだけ高くなるというものです。また、難関校への合格ノウハウをじっくり学べる、個別指導という環境は魅力的と言えます。