ひと言で受験勉強と言っても、志望する学校には、受験生による違いがあります。そして、それぞれの学校では、難易度や出題傾向の異なる入学試験が実施されることとなります。志望校への合格を目指して、準備を進める際には、そういった事情を踏まえた上で、志望する学校のレベルや出題傾向に見合った対策を講じることが大切です。

そのように、自分の志望する学校にターゲットを絞った対策を講じれば、受験勉強をする上で、無駄なエネルギーや時間、コストを負担するリスクを減らすことが可能となります。そうした場面では、東大生の家庭教師をつけると良いでしょう。受験の準備を進める上では、低くとも、志望校と同等レベルの学校の入学試験を受け、合格を果たした人から指導を受けることをおすすめします。

また、個別指導塾や家庭教師、通信教育といったマンツーマンの指導スタイルが採用されている教育サービスあれば、回りの生徒と足並みを揃える必要がないので、受験生による志望校のレベルや出題傾向の違いに対して、フレキシブルに対応することが可能です。それらの中で、家庭教師や通信教育の場合、外出するための負担がかからないというアドバンテージがあると思います。