言うまでもありませんが、この先受験を控えている生徒にとって、勉強をすることは大切です。そのように、勉学に勤しんでこそ、志望校の合格ラインに達する学力を身につけ、合格の栄冠を勝ち取ることができるのです。

ただ、いくら勉強が大事だからと言っても、勉強以外の楽しみを全て取り払って、わき目も振らずに四六時中勉強しているなど、度の過ぎた方法を実践すると、さまざまな問題を引き起こす原因となるので、気をつける必要があります。例えば、クラブ活動や友人・異性との付き合い、趣味などが、気分転換や精神的なリフレッシュのために役立っているというケースが存在します。そのような状況の中で、好きなことをやめてまで勉強に取り組もうとすると、かえってストレスがたまり、学習の効果が下がるというリスクが高くなります。

そういうリスクを減らすには、勉強だけではなく、さまざまな要素を含めて、子どもが、バランスの良い人間的な成長を遂げることのできる環境を整えることが大切です。そうした目的を果たすには、東大生の家庭教師をつけるのが良い方法と言えます。そのようにして、尊敬に値する指導者とめぐり合えば、本人の人間的成長のために役立ちます。