この先、受験を控えた生徒にとって、勉強や受験は自分自身の問題であり、誰かに代わって行なってもらうという訳にはいけません。ただ、その一方で受験生は、保護者や学校教師、教育サービスのスタッフ、友人、地域住民など、周りの人たちから、さまざまなサポートを受けているということも間違いありません。

その中で、親は学業面だけではなく、生活面でもさまざまなサポートを行なってくれる存在です。例えば、親は志望校の決定などに際して、わが子からの相談に乗ったり、授業料や入学金、教育サービスの利用料金、教材購入費用などの教育費、その他の生活費を負担するという役割を果たします。また、通塾や受験に際して、自家用車で現地への送り迎えをしたり、起床の手伝いや弁当・夜食づくりを行なったりする親が見受けられます。

そういった事情から、親が、勉強や受験に関する情報を共有しておくことは大事になります。そのような目的を果たすためには、東大生の家庭教師をつけることをおすすめします。個別指導塾や家庭教師、通信教育といったマンツーマンの指導スタイルが採用されているサービスでは、生徒だけではなく、親とも情報交換やコミュニケーションが取りやすくなります。