クオリティの高いスケジュールを作成し、それに沿って学習を進めることは、受験生にとって大切な条件となります。ただ、ひと言で受験生と言っても、学力や志望する学校の難易度、出題傾向などには、さまざまな違いがあるというのが実情です。そういった状況の中では、自身の適性やニーズ、希望条件に合ったプランを立て、実践することが大事です。

そのような目的を果たす上で、東大生による家庭教師は、利用価値の高い教育サービスと言うことができます。東京大学への合格を果たすべく、受験勉強を行ない、見事に成功を収めたスタッフは、それだけ幅広いレベルの生徒に対応することのできる指導力を有しています。また、指導の対象となる人数が一人だけであれば、周りの生徒に遠慮することなく、担当する生徒のオリジナリティを活かしたプランを立て、指導内容に反映することが可能となります。

例えば、担当する生徒によって、ジャンルごとの学力のばらつきは違っています。そういった事情を考慮に入れて、苦手な分野を克服したり、得意なジャンルをさらに伸ばしたりするために多くの時間をかけたり、それらの分野にターゲットを絞った教材を使用したりしやすいというメリットがあります。