巷には、受験生の合否を決定するに際して、本番の筆記試験に加え、内申点が重要視する学校やコースが存在します。内申点は、通い先の学校における学業成績、日常的な学習態度などに基づいて算出されます。したがって、合否決定の際に内申が考慮される場合、本番の試験で合格ラインに達する点を取っても、平常点で不合格になるという可能性が存在するので、注意する必要があります。

よって、本番のペーパーテストだけでなく、内申点が重視される学校やコースを志望する生徒は、本番の試験に合格することのできる学力を身につけるほかに、内申点を向上させるための対策を講じることが大切です。先述のように、内申点を算出する上では、日常的なシーンにおける成績や態度が基準となります。そういった事情を踏まえて、日ごろから地道な努力をするのが、内申点アップのための適切な対策と言えます。

また、内申点を算出するにあたっては、本番の試験科目に含まれない科目の成績・学習態度も評価の対象となります。そのように、内申を良くするための対策を立て、実行へ移す際には、東京大学の在学生、卒業生によってマンツーマン指導が行なわれる教育サービスの利用がおすすめです。