工場で製品をつくる機械であれば、長時間にわたって稼働していても、精神的ストレスや身体的疲労を感じることはありません。しかしながら、志望校への合格を果たすべく受験勉強を行ない、入学試験を受ける生徒は、そうした工作機械ではなく、血の通った人間です。そういった事情から、心身にストレスや疲労がたまると、受験勉強や本番の試験におけるパフォーマンスに悪い影響が及ぶリスクが高まるので、注意する必要があります。

そのようなリスクを減らすために、長い時間机に向かっている時には、気分転換や精神的リフレッシュ、身体の休息を上手に採り入れることが大切です。また、受験生本人が悩みや不安、疑問を抱えたり、身体的に披露したりした状態のままで勉強していたり、それらの問題を解決する方法を独力では見出せないでいたりする場合には、周りの人たちによるサポートが大切な役割を果たすこととなります。

そういった場面では、東大生の家庭教師は頼りがいのある存在と言うことができます。東大生家庭教師には、東京大学を受験し、合格した経験を活かして、それらの問題を解決する手段を見つけ出し、マンツーマン指導によってじっくりと教えてくれるという利点があります。