それぞれの入学試験が実施される日時は、あらかじめ定められています。したがって、受験生は、志望する学校の入試日程をチェックした上で、それまでに残っている時間を有効活用するべく学習スケジュールを作成し、実行へ移すことが大切です。そのように、限られた時間の中で、志望校の合格ラインに達する学力を身につけるためには、勉強のクオリティを高めることが大事になります。

そういう風に、学習の質を向上させるためには、志望校のレベルや出題傾向にターゲットを絞った対策を立て、実践することをおすすめします。そうした場面では、志望校の過去の入試問題を研究し、難易度や出題傾向を把握することにより、適切な対策を見つけ出し、実行に移すことが可能です。

また、精神的ストレスや身体的疲労が溜まった状態で、だらだらと机に向かっていても学習の効率は悪くなる一方です。そういった状況を打開するためには、適度なタイミングで休憩を入れることが大切になります。そのように、志望校に的を絞ったり、休憩を入れたりして、勉強の質を高めるためには、東大合格の実績を活かして、マンツーマンでじっくりと指導してくれる東大生家庭教師が大切な役割を果す要因になるでしょう。