自身の志望する学校の入学試験に合格を果たすべく、それぞれの受験生が勉強にいそしんでいることは言うまでもありません。そのように、入試本番は、それまで努力してきた生徒にとって、その真価が問われる大切な局面となります。ただ、受験生にとっては、本番の入学試験の前に、受けることとなる試験が存在します。

その種の試験の代表的なものとして、定期試験や模擬試験を挙げることができます。その内、通い先の学校で実施される定期試験は、その結果から内申点に影響が及ぶこととなります。したがって、合否判定に際して内申点が考慮される学校を志望する受験生は、特に力を入れて定期試験へ取り組むことが大切です。また、模擬試験は、その名の通り、志望校の入学試験に模してつくられています。

そういった事情から、模擬試験の結果を研究することで、志望する学校への合格率を予想したり、志望校を選び直したりすることが可能となります。そのように、定期試験や模擬試験の準備、事後のフォローを行なう上では、東大生の家庭教師をつけるのがおすすめです。そうした方法を実践すれば、東大の合格実績を持つ講師から、そのノウハウやテクニックをじっくりと個別指導してもらえます。