入学試験の実施される科目には、国語や数学、英語などといった複数のバリエーションが存在します。また、各試験科目の中の問題は、長文読解や文法、漢字、文章題、計算問題、単語など、さらに細かいジャンルに分けることが可能です。そのような状況の中で、志望校への合格に向けて準備を進める上では、それぞれの科目、分野の違いを理解した上で、それに見合った対策を見つけ出し、実践することが大切になります。

それらの中で、国語の長文読解問題では、筆者の心情など、抽象的なニュアンスが問われます。その種の問題に対して、正しく解答するためには、それなりのセンスが求められるというのが実情です。したがって、長文の読解力を向上させるためには、それなりのエネルギーや時間がかかることを踏まえた上で、日常的な生活シーンの中で本をよく読むなど、地道な対策を講じることをおすすめします。

そのように、長文の読解力を高めるための方法を見つけ出したり、実践したりする上で、東大生の家庭教師をつけるのは良い方法です。東大の在学生や卒業生の家庭教師をつければ、東京大学の入試に合格した実績を活かして、おすすめの本を紹介してもらうことが可能となります。