各試験科目の中で、国語では長文読解や文法、漢字といった範囲から問題が出されます。それらの中で、長文読解問題に正解するためには、それなりのセンスが求められるので、一夜漬けで丸暗記するなど、短期的な対策を講じることは難しくなります。ただし、同じ長文読解の問題でも、記述式と選択式とでは、講じるべき対策の方法が異なります。

その内、記述式の問題では、正解がわかっていないのに、的外れな答えをだらだらと書き込んでも、高得点をあげることはできません。そういった事情を踏まえると、長文読解の記述式問題で、自信のある解答が思いつかない場合には、その問題に見切りをつけて、他のわかる問題に取りかかることで、無駄なエネルギーや時間を節約することができます。

その一方で、選択式問題の場合には、たとえ自信が無くても、当てずっぽうで選んだ答えが正解であるという可能性も存在します。したがって、選択式の問題では、とにかく空欄を無くすようにすることが大切です。そのように、国語の試験問題への対策を立て、実践する上では、東大生の家庭教師をつけると良いでしょう。東大生家庭教師は、その経験や知識を活かして、じっくりと個別指導を行なってくれます。