試験で出題される科目の中で、数学が苦手だという受験生が見受けられます。そのように、数学に対して苦手意識を持ってしまう背景に、世間でまことしやかにささやかれている「定説」の間違いがあります。巷では、数学の入試問題を解くためには、閃きや直感など、持って生まれた才能やセンスが大きくかかわって来ると言う人が見受けられると思います。

確かに、数学を学問として探求し、数学者となって新たな定理や公式を発見するためには、それらの能力が大きくものを言います。しかしながら、受験生はそのようなことを目指している訳ではなく、当面の課題である志望校への合格を果たすべく勉強に勤しんでいます。そのように受験数学にターゲットを絞った場合、才能やセンスにかかわらず実力をアップさせることが可能となるでしょう。

そのような目的を果たすには、しっかりとした解説の載っている参考書や問題集を使い、問題を読んだ後すぐに解答・解説をみて、解法のパターンを丸暗記することをおすすめします。そういう風に、数学の適切な受験勉強法を見つけ出し、実践する上で東大の在学生、卒業生がマンツーマン指導してくれるサービスは利用価値が高いと言うことができます。