学問を探求して、その道のスペシャリストとなることではなく、自分の志望する学校の入学試験に合格するというのが、受験生にとっての当面の目標です。受験勉強をする上では、そういった事情を踏まえた上で、適切な対策の方法を見つけ出し、実行に移すことをおすすめします。例えば、世の中では「何事も基礎からコツコツと積み上げることが大切」などといった「定説」がささやかれることがあります。

先ほど述べたように、遠い将来を見据えて、学問を探求するという意味に於いては、そのように基礎からの積み上げにより、思考力や創造力を養うことができます。しかしながら、志望校への合格という当面の目標を実現するためには、そのような悠長なことは言っていられないというのが実情です。例えば、数学では基本問題よりも先に応用問題へ、英語の場合には長文読解から文法、それから単語へと、順番に学習を進めるのがおすすめの方法です。

そのように、それぞれの試験科目の中で、分野ごとの対策を立て、実践する際には東大生の家庭教師をつけると良いでしょう。レベルの高い学校に合格した実績を持つ家庭教師は、その経験を活かして持てるノウハウやテクニックをじっくりと教えてくれます。