自らの志望する学校に合格を果たすべく、準備を進める際には、巷でささやかれている、間違った「定説」に惑わされることなく、受験に特化した対策を立て、実行に移すことが大事です。例えば、数学の応用問題には、基本問題より暗記できる解法パターンが多く含まれているという利点があります。

また、英語の場合、長文の中で文法、単語の果たす役割を知ることで、ただの丸暗記よりも有機的に理解して、記憶に残りやすくすることが可能です。それらの事情を踏まえた上で、数学では応用問題から基本問題へ、英語では長文読解から文法、その後単語へと順に勉強することをおすすめします。また、心身のストレスや疲労が蓄積し、モチベーションや集中力が低下した状態で、無理やりに机に向かっていても、学習の効率は上がるとは思いません。

そのような問題を解決するためには、上手に休憩を取り気分転換や精神的リフレッシュ休養をすることが大切です。そういう風に、受験準備に特化したノウハウやテクニックを身につけたり、上手な休憩の取り方を学んだりする上で東大生の家庭教師は大切な役割を果たします。その種のスタッフは、東大合格の経験・知識を個別指導に反映してくれます。