「インターネット時代」という呼称が用いられる現代では、日常的な生活シーンの中にネットの接続環境やパソコン、携帯電話、スマートフォンなどが深く浸透しています。そうした状況下に於いて、受験に向けて準備を進める上では、それらの環境や機器を有効活用することが大切なのです。

例えば、それぞれの学校のホームページや受験に関連するウェブサイトを閲覧することによりさまざまな情報を収集したり、諸々の手続きを行なったりすることが可能となります。また、電子メールやソーシャルネットワークサービス、ウェブ上のフォームなどを利用して受験に関する情報を交換したり、コミュニケーションを行なったりすることができます。

そのように、ネット環境やIT機器を利用する場合には書籍を購入したり、直接対面や電話、手紙などの手段を用いたりするのと比較して、時間や場所を選択する際の自由度が高まるというアドバンテージがあります。そういう風に、ネット環境やIT機器を有効活用して受験準備を進める際には、東大生の家庭教師をつけるのがおすすめの方法と言えます。そのような方法を実践すれば、東大合格の実績や個別指導のメリットを、さらに便利に享受できます。