学校へ通ったり、授業の予習や復習を行なったりする中で、蓄積した精神的ストレスを軽減したり、身体的疲労を癒したりするためには、春や夏、冬の長期休暇を利用することができます。それらの長い休みは、旅行へ出かけたり、その他の趣味に興じたり、休養を取ったりするのに適しています。ただし、この先受験を控えている生徒にとって、それらの休暇を遊びや休養のためだけに使ってしまうのはもったいないことです。

通い先の学校で、授業のある時期には、受験を控えた生徒といえども、その予習や復習にある程度は手を取られることとなります。そのように、授業の予習・復習にエネルギーや時間がかかると、今までの総まとめや苦手な分野の集中的な補強、大幅な先取り学習などを行なうことができなくなるリスクが高まるので、注意する必要があります。そのような問題を解決するためには、春や夏、冬の長期休暇を利用することをおすすめします。

そのように、長期休暇中の学習プランを作成し、実行へ移すに際しては、東大生の家庭教師をつけるのが良い方法です。東大の入試に合格したという実績、個別指導のメリットを活かせば、長い休み中の勉強を効率良く進めることができます。